日本全国の温泉好きのための情報サイト【ゆーゆ】温浴施設、観光情報が満載

  • ゆーゆ公式facebookページ
  • ゆーゆ公式Twitter
  • 「フロ充、ちょっといい話」を募集いたします!
  • ゆーゆ商店
  • お風呂の気遣い -BATHING MANNERS-
  • スマホ スタンプラリー
  • ゆーゆと愉快な仲間たち
  • 株式会社ニクス求人
  • ゆーゆマナーポスター
スポンサードリンク
ゆーゆ
@yu-yu

太郎の漫湯記 Vol.25 愛媛県・松山 観光&グルメ編


今月太郎が訪れたのは、愛媛県・松山市。
松山城や道後温泉など、歴史ある観光スポットが点在する街です。
これからの時期は花見やお祭りなども楽しめる松山へ、太郎と一緒に出かけましょう!


春ならではのイベント

松山春まつり


松山春まつり
着物や鎧など、本格的な衣装を身に付けた大名行列は見ごたえあり!

 毎年4月上旬の土日中心に行われる、松山の春を代表する祭り。松山城小天守再建の決定を祝って、昭和42年から続いています。大名行列をはじめ野球拳全国大会などのイベントも開催。桜の時期を迎えた松山の街を、さらに盛り上げるお祭りです。

松山春まつり
松山城本丸広場では「第49回全国野球拳大会」が。今年もきっと熱き戦いに


美しい夜景も楽しめる松山城

松山城
桜の名所でもある松山城。夜は宝石のように輝く夜景が楽しめるそう

 全国で12しかないという、江戸時代以前に建築された天守を持つ松山城。お城も観光してみて。また、松山城山頂から見下ろす市内の夜景も美しいので、機会があればこちらもぜひ。


平成31年松山春まつり(お城まつり)

開催日:4月4日(木)、6日(土)、7日(日) ※時間や開催場所はイベントにより異なる
HP
https://www.city.matsuyama.ehime.jp/kanko/kankoguide/matsurievent/oshiroharu.html



歴史ある湯を楽しむ

道後温泉本館


道後温泉本館
公衆浴場で初めて国の重要文化財となった本館。趣ある風情も必見!

 日本最古という3000年の歴史ある道後温泉。そのシンボルとなる温泉です。現在の建物は1894年に改築されたものだそう。現在保存修理工事が続いていますが、入浴は可能だそう。また別館「飛鳥乃湯泉」などもあるので、そちらも利用してみて。

神の湯
砥部焼の陶板画と円柱形の湯釜が特徴の「神の湯」は、現在も利用可能


道後温泉まつりも開催

道後温泉まつり
湯祈祷を皮切りに始まる祭り。各イベントは本館や商店街周で開催

 道後の祭りの中で最も賑やかという道後温泉まつり。3月中旬の数日間にわたり様々なイベントが行われます。道後温泉の公式ホームページで詳細をチェックしてからお出かけを。


道後温泉(※いずれも神の湯階下)

所在地:松山市道後湯之町5-6 
TEL:089-921-5141
営業時間:6:00~23:00 
利用料金:410円
HPhttps://dogo.jp/



文化と景観を楽しむスポットへ


夏目漱石・坊っちゃんの世界を体感

坊っちゃん列車

坊っちゃん列車
乗務員も復元した昔の制服を着用。レトロな車両で坊っちゃんの世界へ

 小説に登場する蒸気機関車は当時実際に走っていて、「坊っちゃん列車」と呼ばれていたそう。現在走っているのは、2001年に復元したディーゼル機関車。観光客にも大人気です。

料金:大人800円、小児400円
電話番号:089-948-3323
HPhttp://www.iyotetsu.co.jp/botchan/


坊っちゃんカラクリ時計

坊っちゃんカラクリ時計
道後温泉本館の振鷺閣がモチーフ。道後温泉駅前の放生園にあります

 道後温泉本館100周年を記念して1994年に作られたカラクリ時計。8:00~22:00まで1時間ごとに音楽に合わせて本体がせり上がり、坊っちゃんの登場人物が姿を現します。

住所:松山市道後湯之町6-7 ※土日祝などは30分ごとに動きます


文化にふれる

道後ぎやまんガラス美術館

道後ぎやまんガラス美術館
赤と黒を基調としたモダンな造り。美しいガラスをゆっくり鑑賞して

 水と緑豊かな庭園がある美術館です。夜はライトアップされ、幻想的な雰囲気に。館内には江戸時代のガラス製品や、明治・大正時代の和ガラスなど約300点が展示されています。

住所:松山市道後鷺谷町459-1
電話番号:089-933-3637
営業時間:9:00~22:00(最終入館21:30)
休館日:水曜日  
料金:600円
HP
http://www.dogo-yamanote.com/gardenplace/museum/


松山市立子規記念博物館

松山市立子規記念博物館
子規の生涯や松山文化の歴史を紹介。館内を巡れば俳句に興味を持つかも

 近代俳句の創始者である、正岡子規を輩出した松山市。子規に関する資料を多数展示した博物館です。3階には子規が夏目漱石と同居したという「愚陀佛庵」も再現されています。

住所:松山市道後公園1-30
電話番号:089-931-5566
営業時間:9:00~18:00(季節により異なる)
休館日:火曜日  
料金:400円
HPhttp://sikihaku.lesp.co.jp/


景観を満喫

忽那(くつな)諸島

忽那(くつな)諸島
青い海に浮かぶ緑の島々の様子は圧巻。夕暮れ時に訪れるのもおすすめ

 最大の中島を中心に、有人9島をふくむ大小30以上の島々で構成された「忽那諸島」。春は柑橘の花の甘酸っぱい香りに包まれるという美しい諸島へ、足を延ばしてみては。


三津の渡し

三津の渡し
全長9mほどの小型船が約80mを往復。どことなく風情があると注目に

 市街地からほど近い、三津浜港内で運行する渡し舟で、500年ほどの歴史があります。舟に乗って江戸時代から昭和にかけて繁栄した古い町並みが残る三津地区を訪れてみては。

住所:松山市三津
電話番号:089-951-2149
運航時間:7:00~19:00
乗船料:無料 ※荒天時は運休



松山で味わいたい北条鯛めし


北条鯛めし
お釜や土鍋でじっくり炊き上げ、鯛の身をほぐし混ぜてから味わいます

 愛媛の郷土料理の一つが鯛めし。中でも松山市内の北部にある北条地域では、丸ごとの鯛と昆布だけで炊き上げる「北条鯛めし」が食べられます。シンプルながら鯛のうまみたっぷりのご飯はやみつきに。市内の中心部でも味わえるので、ぜひ探してみて。



地元グルメ&おみやげ探しは商店街へ


松山銀天街商店街
約600mのアーケードが続く、松山銀天街商店街。百貨店などもここに

 松山市内は、商店街や百貨店など、買い物スポットが多数あります。地元グルメを味わったり、おみやげ探しをしながら、いろいろな商店街を回ってみるのも楽しいはず。それぞれ特徴も違うので、しっかり調べてから巡ってみてはいかがでしょうか。

道後温泉本館と駅を結ぶアーケード商店街
道後温泉本館と駅を結ぶアーケード商店街。浴衣姿の観光客も多いそう



松山周辺マップ


松山周辺マップ
クリックで拡大します


【こちらの記事もオススメ!】

■ 太郎の漫湯記 Vol.25 愛媛県・松山 宿&日帰り温泉編

温泉はココ!