日本全国の温泉好きのための情報サイト【ゆーゆ】温浴施設、観光情報が満載

  • ゆーゆ公式facebookページ
  • ゆーゆ公式Twitter
  • 「フロ充、ちょっといい話」を募集いたします!
  • ゆーゆ商店
  • お風呂の気遣い -BATHING MANNERS-
  • スマホ スタンプラリー
  • ゆーゆと愉快な仲間たち
  • 株式会社ニクス求人
  • 1126(イイフロ)イベント
スポンサードリンク
ゆーゆ
@yu-yu

太郎の漫湯記 Vol.30 宮城県・鳴子温泉 温泉宿編


ぜひこの時期に鳴子を訪れて、たくさんの伝統こけしと温泉を楽しんでみてください。


観光のあとは

便利な湯めぐりチケットもあり 鳴子温泉を堪能!


 源義経や松尾芭蕉も訪れたという鳴子。お得に立ち寄り湯ができる「湯めぐりチケット」を販売しているので、歴史ある温泉郷の湯をいろいろ楽しんでみては。鳴子温泉郷、赤倉、潮見の7つのエリアで使えるのも便利! 詳しくは鳴子温泉郷HPで。

湯めぐりチケット
チケットはシール6枚で1300円。各施設で必要なシール枚数を渡して

湯めぐりチケット
幸雲閣でも、露天風呂がある6F大浴場のみで立ち寄り湯ができます



名湯太鼓判! 鳴子温泉効能レポート


8つの泉質、のんびりパワーチャージでお悩み解消!

 1000年を超える歴史を持つ鳴子温泉郷。承和4(837)年、鳥谷ヶ森(鳴子火山)の大爆発で熱湯が噴出したといわれ、そのときの轟音から村人が「鳴郷の湯」と名づけたとも一説では伝えられています。奥州三名湯に数えられ、なんと日本にある旧泉質分類11種類中で9種類、新泉質分類10種類では8種類(硫黄泉・単純温泉・硫酸塩泉・炭酸水素塩泉・二酸化炭素泉・塩化物泉・含鉄泉・酸性泉)の泉質が楽しめます。湧出するお湯の量も豊富で、源泉かけ流しの風呂が多いのも魅力。同じエリアにありながら温泉の表情は驚くほど違います。

 女性を困らせる、夏バテ、冷え症、肌荒れ、食べ過ぎ、そんなカラダのお悩みには硫酸塩泉の力を借りてみてはいかがでしょう。特に乾燥肌にお悩みの女性にはおすすめです。「黒湯」「白湯」「混合泉」の3種類の泉質を楽しみながら、鳴子温泉最大級の百畳露天風呂と鳴子の街を一望できる展望風呂でうるおい美人を目指してください。

(温浴振興協会理事/諸星敏博 談)



鳴子温泉を満喫できる宿へ

大江戸温泉物語 鳴子温泉 幸雲閣


大江戸温泉物語 鳴子温泉 幸雲閣
灯りが温かな夜の大浴場(男湯)

 鳴子の街を一望できる展望大浴場と鳴子温泉最大級の百畳露天風呂で伝統車湯の「黒湯」と黒湯・白湯との「混合泉」そして「白湯」の3種類の泉質が楽しめる温泉宿です。

 黒湯は皮膚の角質を軟化して取り除く作用があり「美人の湯」ともいわれ、なめらかなお湯は心地よく肌がつるつるになります。百畳露天風呂からは見上げた丘の上に陸羽東線の線路があり、お子様や鉄道ファンにはたまらないお風呂です。

大江戸温泉物語 鳴子温泉 幸雲閣
別館にも大浴場あり(白湯)

 お食事は伝説の料理人プロデュースによる四季折々旬の味覚を、和洋中創作バイキング約120種類と会席料理からお選びいただけます。目の前でできたて料理を提供するライブキッチンでステーキ、天ぷらなど、アツアツのできたてが味わえる贅沢をご堪能ください。

大江戸温泉物語 鳴子温泉 幸雲閣

大江戸温泉物語 鳴子温泉 幸雲閣
ビュッフェにはライブキッチン。できたてアツアツの料理も味わえます

 館内では様々なイベントを開催し、プロのマジシャンによる本格的なショーが近くで観覧できるのもうれしいところ。プロの妙技に子どもも大人も夢中になってしまいます。温泉だけではなく、季節の風景を楽しみながら寛ぎのひとときをお過ごしください。

大江戸温泉物語 鳴子温泉 幸雲閣
客室からは緑豊かな景色を楽しめる

大江戸温泉物語 鳴子温泉 幸雲閣
客室は和洋室やシングルなどもあり

大江戸温泉物語 鳴子温泉 幸雲閣

所在地:大崎市鳴子温泉車湯17
電話番号:0229-82-2277
料金:7980円~(消費税別・大人入湯税別)

>施設情報はこちらから



鳴子温泉周辺地図


鳴子温泉周辺地図
クリックで拡大します


【こちらの記事もオススメ!】

■ 太郎の漫湯記 Vol.30 宮城県・鳴子温泉 観光・イベント編

温泉はココ!