太郎の漫湯記 Vol.2 札幌 観光・グルメ編

サムネイル

明けましておめでとうございます。
今年もゆ〜ゆをよろしくお願いいたします。
2017年の特集は、北海道・札幌!
2月に行われる「さっぽろ雪まつり」やグルメ、ぜひ立ち寄りたい日帰り温泉施設を紹介します。


さっぽろ雪まつりとは


 この時期、札幌でぜひ訪れたいのが「さっぽろ雪まつり」。近年は200万人以上が訪れるという一大イベントです。今や国内外に知られる札幌の冬の風物詩ですが、そのはじまりは1950年、大通公園に、地元の中高生が6つの雪像を設置したことがきっかけだったと言います。

a
たくさんの出店も登場する大通会場。美しい雪像と一緒にグルメも堪能を

 このイベントが世界的に知られるようになったのは、1972年に札幌で冬季オリンピックが開催された以後で、1974年には毎年恒例となっている国際雪像コンクールも始まっています。札幌と親交の深い海外エリアの雪像も作られ、内容的にもより国際色豊かなイベントとなっています。

a
現在は自衛隊も制作に参加するほど、毎年迫力のある雪像が登場します

 現在、大通公園のほか、すすきの・つどーむの3ヶ所が会場となっています。それぞれの会場にどんな特徴があるのか、次に紹介します。



1.すすきの会場


 すすきの会場のテーマは「氷を見る」から「氷を楽しむ」。大・中の氷彫刻が展示されていると同時に、ふれあい広場では、触れたり乗ったりすることのできる氷像も登場します。

a
透明感のある氷像が、より一層美しく煌めきを放つ、夜のすすきの会場

開催期間:2017年2月6日(月)~12日(日)
開催時間:いつでも見学可能 ※ライトアップは23:00まで
交通アクセス:地下鉄すすきの駅よりすぐ



2.大通会場


 札幌の都心部にある大通公園では、市民雪像から海外の建物を模した雪像なども登場。同時にイベントも行われ、約1.5㎞の間にさまざまな雪と氷のドラマを見ることができます。

a
東西に広がる大通会場。スケートリンクやジャンプ台が登場することも

開催期間:2017年2月6日(月)~12日(日)
開催時間:いつでも見学可能 ※ライトアップは22:00まで
交通アクセス:地下鉄大通駅よりすぐ



3.つどーむ会場


 自然の中で雪とふれあうことをコンセプトに、すべり台やスノーラフトなども登場! また屋内には飲食ブースや休憩所、ファミリー広場もあり、幅広い世代で楽しめる会場です。

a
ドーム前の大きなすべり台。子どもはもちろん、大人も楽しめるはず!

開催期間:2017年2月1日(水)~12日(日)
開催時間:9:00~17:00 
交通アクセス:地下鉄栄町駅2番出口より、徒歩約15分 ※雪まつり開催時はシャトルバスあり



ぜひ味わいたい 札幌グルメ


a
大地で育まれる野菜や魚介など、北海道ならではの食材を使った料理も

 海の幸や野菜など、食材の豊富な北海道。札幌でもそれらを使用した多彩なグルメが楽しめます。すでに全国的に知られている札幌ラーメンやスープカレーもぜひ食べたいグルメですが、数年前から首都圏で注目されているジンギスカンなども、本場の味を楽しんでみたいものです。気になるグルメを事前にチェックして、旅の記念にぜひ味わってきて。

a
外は寒くても、アツアツのジンギスカンは冷たいビールと味わいたい

一般社団法人 札幌観光協会
HP:http://www.sta.or.jp/



お出かけスタイルには注意を


 転倒事例も多い雪まつり。楽しむにはお出かけスタイルに注意が必要です。靴底の滑りにくい靴で出かけましょう。スタイルはパンツやレギンスで。防寒の靴下や帽子も必須アイテムです。またバックも手がふさがらないものを選んでくださいね。



札幌周辺地図


札幌周辺地図
クリックで拡大します


【こちらの記事もオススメ!】

■ 太郎の漫湯記 Vol.2 札幌 日帰り温泉編


[スポンサードリンク]