日本全国の温泉好きのための情報サイト【ゆーゆ】温浴施設、観光情報が満載

  • ゆーゆ公式facebookページ
  • ゆーゆ公式Twitter
  • 「フロ充、ちょっといい話」を募集いたします!
  • ゆーゆ商店
  • お風呂の気遣い -BATHING MANNERS-
  • スマホ スタンプラリー
  • ゆーゆと愉快な仲間たち
  • 株式会社ニクス求人
  • ゆーゆマナーポスター
スポンサードリンク
ゆーゆ
@yu-yu

冷え性なんかに負けない! 寒い冬を元気に過ごす対策


「私は冷え性だ」って方、結構多いと思います。
特に女性の方に多いと言われていますが、最近は男性でも冷え性の方は増えているのだそうです。
そこで今回は、寒い冬には特につらい冷え性について紹介します。


冷え性のタイプ


ただでさえ寒い冬、冷え性にとっては本当につらい季節です。
冷え性の症状はもちろん「体が冷える」という事ですが、とにかく寒くて仕方がないという全身が冷える場合と、夏でも手足が冷えてしまう、いわゆる末端冷え性というタイプがあります。
さらに冷えは感じないのだけど何だか肩がこったり腰痛がある、これはご自身では気付かない「隠れ冷え性」なるタイプなのだとか。
ほかにも下半身だけ冷えるタイプもあるようです。あなたに当てはまるタイプはありますか?


冷え性のタイプ


ではなぜ冷え性になってしまうのでしょうか。
その原因は様々ですが、貧血などによるものや血行不良や代謝不良、ホルモンバランスや自律神経の乱
れなどが原因と言われています。
特に末端冷え性の方は自律神経と関係がしている場合も多いようです。
女性はもともと体のメカニズムにより体温上昇しにくいことやホルモンバランスなどの原因が多いそうです。
貧血や血行不良もそうですし、更年期などが影響している場合もあります。


増えている生活習慣が原因の冷え性


しかし、最近男性にも増えてきているというのは、生活習慣による体の冷え性も増えてきているからのようです。
生活習慣による冷え性では、例えばストレス・睡眠不足・運動不足など。
さらに食生活の偏り・冷たい飲み物の飲み過ぎ、お風呂をシャワーで済ませてしまう、これらも原因になるため、男女問わずも冷え性が増えているというわけです。
現代社会には冷え性になる原因が沢山ありそうですね。


冷え性に負けない! ための対策


それでは冷え性に負けない為にはどうしたらよいのでしょうか。
まずは洋服で温める。体を保温するという事です。
特に下半身を冷やすのはもってのほかで、足やお腹を冷やさない洋服を意識して着てください。首も冷やさないようにすると良いですよ。
次に適度な運動。あまり体を動かさない生活を続けていると血行不良の原因にもなってしまいます。
ウォーキングなど無理のない運動から始めてみてはいかがでしょうか。
また、体を温めるものを食べることも大切です。温野菜を取り入れたり、体を温めてくれる食材と言われるしょうがを料理や飲み物に使うのも良いです。
冷たい飲み物の取り過ぎにも気を付けて下さい。
ただし、洋服や布団を重ねても寒さが治まらない場合は他の病気が原因となる場合もあるので、早めに病院で診断を受けるようにしましょう。


やっぱりお風呂がおすすめ


そして何と言ってもお風呂に浸かる事をおすすめします。
シャワーだけで済ませず、きちんと湯船に浸かりましょう。
足湯や手浴、半身浴もおすすめです。その際は上半身を冷やさないよう乾いたタオルをかけたりTシャツを着たりなど工夫して下さい。
また温冷浴もおすすめ。
ご自宅では湯船とシャワーの温度を変えてみたり、温泉施設では温度の違う浴槽を利用するのもおすすめです。


冷え性におすすめの温泉「熱の湯」


温泉の中でもおすすめの泉質があります。
それは塩化物泉(食塩泉)です。
温泉に含まれる塩分が毛穴をふさぐ事で汗の蒸発を防ぎ体を温めてくれる温泉で、温まり方も早く保温にも優れている事から「熱の湯」とも呼ばれています。
冷え性にはおすすめの温泉ですね。
海に囲まれた日本には全体の約半分を占めるほど一般的な泉質なのだそうです。
日本の温泉地で有名なところでは、静岡県の熱海温泉や和歌山県の白浜温泉、兵庫県の城崎温泉などがあります。
また身近な温浴施設などでも塩化物泉入れる所も多くありますので、ぜひ利用してみて下さい。

いかがでしたか。
寒いからと言ってじっとしているのはもったいない!
しっかり冷え性対策をしてこの冬もアクティブに過ごしましょう。

温泉はココ!