【6月が見頃の花しょうぶ・あじさい】修善寺温泉

サムネイル

修善寺温泉は古くから湯治場として親しまれ、最近ではミシュランの星を獲得した観光地としても注目されています。今回はこの季節ならではの楽しみ方ができるスポットを中心に、修善寺温泉を紹介します。
※開花状況などは、事前に確認してからお出かけ下さい。


修善寺花しょうぶまつり


6月といえばまず「花しょうぶ」。修善寺でも見頃です。まずは修善寺の温泉街。6月1日〜22日までの間、しゅぜんじ回廊や筥湯などの名所や街角に、花しょうぶの鉢植えが展示されます。華やかな花を観賞しながら散策を楽しむことができますよ。

また温泉街から少し離れた「虹の郷」でも花しょうぶを楽しめます。場所は日本庭園内の花しょうぶ園。江戸系・伊勢系・肥後系といった種類もさまざま、色も多種類な300種7000株の花しょうぶが6月上旬〜下旬まで楽しめます。6時30分から入れる「特別早朝開園」も4日間行われる予定。「花しょうぶフォトコンテスト」もあるので、撮影したいという方は、早起きして出かけてみるのもいいですね。

修善寺 虹の郷 花しょうぶ園
虹の郷にある花しょうぶ園

【修善寺花しょうぶまつり情報】
http://www.shuzenji.info/kankou/event/修善寺花しょうぶまつり.html



虹の郷・日本庭園ではあじさいも


6月の代表的な花といえばもう一つ、「あじさい」がありますね。虹の郷内にある日本庭園ではガクアジサイや西洋アジサイをはじめ10種3500株ものあじさいを楽しむことができます。見頃は7月中旬ぐらいまで。色とりどりの花々が楽しめます。

修善寺 虹の郷 あじさい
あじさいは「虹の郷」で7月まで



虹の郷


修善寺からバス1本で行ける「虹の郷」。花しょうぶやあじさいのほか季節のさまざまな花が楽しめる日本庭園、イギリス村・カナダ村、その2つの村を結ぶロムニー鉄道、伊豆の名産品がそろう「伊豆の村」など、大きく8つのエリアに分かれます。屋内施設もそろっているので、雨の多いこの季節でも楽しめます。修善寺温泉に行ったらぜひ立ち寄ってみては。

住所:伊豆市修善寺4279-3
電話番号:0558-72-7111
料金:大人1200円、小人600円
営業時間:9:00~17:00(最終入園16:30)※季節により変更あり
休園日:HPで確認
交通アクセス:伊豆箱根鉄道修善寺駅より東海バス・虹の郷行き6番線乗車、虹の郷下車すぐ
HP:http://www.nijinosato.com/


 季節を楽しめる温泉地は関西にも

日本三大古湯の一つで、関西の奥座敷と呼ばれて親しまれている「有馬温泉」。金泉・銀泉が日頃の疲れを癒してくれる温泉地ですが、ここから電車とバスで30分ほどの場所にあるのが、「神戸市立森林植物園」です。

六甲エリアの大自然の中で、季節の花を楽しめる施設ですが、この季節はあじさいです。園内の「あじさい園」などで、鮮やかな花を巡りながら散策することができます。6月中旬〜8月頃まで西洋アジサイなど25種350品種、5万株が徐々に咲いていきます。併設の
多目的広場で遊んだり、カフェでひと休みできます。

神戸市立森林植物園 あじさい
道沿いに咲く森林植物園のあじさい

住所:神戸市北区山田町上谷上字長尾1-2
電話番号:078-591-0253
料金:大人300円、小人150円
営業時間:9:00~17:00(最終入園16:30)
休園日:水曜日(祝日の場合は翌日) 年末年始
交通アクセス:神戸電鉄北鈴蘭台駅より無料送迎バスあり
HP:https://www.kobe-park.or.jp/shinrin/
有馬温泉HP:http://www.arima-onsen.com/


【こちらの記事もオススメ!】

■ 【竹林の小径】修善寺温泉

■ 【観光スポット】修善寺温泉

■ 【ぜひ泊まりたいおすすめ宿】修善寺温泉


[スポンサードリンク]