香肌峡温泉 いいたかの湯

道の駅に併設された天然温泉に入れる施設です。

レストランや特産品販売所、公園なども併設された「道の駅 飯高駅」。この中に併設されているのが「香肌峡温泉 いいたかの湯」です。

温かさが持続すると評判の天然温泉を堪能出来る浴場は、槇の木で造られた大きな桶型の「マキの湯」がある「赤湯波の湯」とかめ風呂のある「局の湯」の2種類。日替わりで男女入れ替え制となっています。いずれも櫛田川の清流を眼下に眺める開放感のある浴場です。

また受付や特産品販売所では施設の湯に近い成分を含んだ「いいたかの湯 薬用入浴剤」を販売。自宅用にもおみやげにもおすすめの商品です。

INFORMATION

香肌峡温泉 いいたかの湯

  • 515-1502
  • 松阪市飯高町宮前177
  • 0598-46-1114
  • 公式サイトはコチラ
  • 行き方

    JR・近鉄松阪駅西口バスターミナル4番乗り場より三重交通バス「道の駅 飯高駅」もしくは「ホテルスメール」行き乗車、「道の駅 飯高駅」下車すぐ

  • 料金

    大人600円、小人300円

  • 営業時間

    10:00~20:00

  • 休館日

    水曜日(祝日の場合は翌日)、12/30~1/1

営業時間、料金、休館日等に関しましては、変更となる可能性もございますので、事前に各施設へお問い合わせください


[スポンサードリンク]