太郎の漫湯記 Vol.3 水戸の梅まつり イベント・グルメ編

サムネイル

まだまだ寒さが厳しい2月。
しかし春は少しずつ近づき始めています。
今月はそれを体感しに行くのにピッタリな「水戸の梅まつり」と、近郊にある太郎おすすめの日帰り温泉を紹介します!


春の訪れを告げる伝統の祭り
第121回 水戸の梅まつり


梅の開花時期に合わせたお祭り

水戸の梅まつり
日本三名園の一つ「偕楽園」。春は色もさまざまな梅の花が咲き誇ります

 1842年に水戸藩の9代目藩主徳川斉昭公が開園した「偕楽園」。園内には早咲きから遅咲きまで約100種3,000本の梅の木があることから、1種だけの梅園よりも長い期間観梅ができることで知られています。その時期に合わせて行われるのが「水戸の梅まつり」。3月3日~20日までの夜のライトアップのほか、期間中さまざまなイベントが行われます。


弘道館でもイベントを開催

水戸の梅まつり
日本最大級の藩校として、全国の藩校建築に影響を与えたという弘道館

 梅まつりは「弘道館」でも同時に行われます。こちらはかつて水戸藩の藩校だった国の特別史跡で、約60種800本が植えられた、偕楽園と並ぶ梅の名所です。正門のライトアップ(3/3~3/20)のほか、伝統文化にふれるイベントが開催されます。そのほか市内各所でもさまざまなイベントが行われるので、HPでチェックしてから出かけるのがおすすめです。



日本三名園
偕楽園で行われる主なイベント


開催期間:2月18日(土)~3月31日(金)
開催場所:偕楽園、弘道館
詳しくは水戸観光協会HPで:
http://www.mitokoumon.com/festival/ume.html
※各イベントは天候などにより中止になる場合もあるので、お出かけ前にご確認ください


常磐神社付近

第5回 全国梅酒まつり in 水戸

水戸の梅まつり
梅酒をいろいろ試せるチャンスです。しかし飲みすぎには注意しましょう

 全国から150種以上の梅酒が集結。飲み比べが楽しめるイベントです。さらに梅酒と料理のマリアージュや梅酒ビールを楽しめたり、気に入った梅酒を購入することもできます。

開催日:3月3日(金)~5日(日)
開催時間:10:00~16:00 ※最終日は~15:00
チケット料金:前売り券700円、当日券800円


夜・梅・祭 2017

水戸の梅まつり
毎年テーマが変わるキャンドルアート。今回はどうなるのか楽しみです

 幻想的なキャンドルアートのほか、毎年さまざまなイベントが夜に行われている「夜・梅・祭」。3月4日(土)には弘道館でも行われるので、両方見て、その違いを楽しんでみては。

開催日:3月11日(土)
開催時間:18:00~21:00


見晴広場

観梅着物Day

水戸の梅まつり
当日参加もOK! 手ぶらで出かけて、着物姿で梅の鑑賞を楽しんでみては

 会場で着物をレンタルし、和装で散策しながら梅の花を観賞できるイベントです。また同日には結城紬の着心地体験や、大撮影会も開催。着物に興味のある方にもおすすめです。

開催日:3月5日(日)
開催時間:10:00~15:00


吐玉泉付近

ひな流し

水戸の梅まつり
おひなさまと彩り華やかな船、ともに和紙で作られる「水戸のひな流し」

 2月26日には和紙人形による「水戸のひな流し」、3月4日には木製の船に人形をのせた「五軒香梅ひな流し」。2つの見た目も異なるひな流しが、ひなまつり時期に行われます。

開催時間:両日とも11:00~12:00


第16回 水戸納豆早食い世界大会

水戸の梅まつり
今回はどんな人が優勝するのか、その戦いぶりとともに見届けてみては

 納豆ご飯で、早食い世界一を競う大会です。また同時に「梅干しの種飛ばし大会」も開催。水戸にちなんだ食べ物で競う強者たちの戦いぶりに、見ている方もドキドキワクワクです。

開催日:3月18日(土)
開催時間:10:00~13:00



ぜひ立ち寄りたい
水戸グルメの店


この時期味わいたいあんこうなど
地元グルメ料理が充実の「山翠」

山翠
2月まで旬のあんこうは、鍋のほかどぶ汁や唐揚げなどでも味わえます

 「あんこう」をはじめ、奥久慈しゃもや納豆の料理と、茨城の名産品を使った料理が味わえる「山萃」。定食などもあるので、気軽にランチを食べたいという時にも。

所在地:水戸市泉町2-2-40
電話番号:029-221-3617
定休日:火曜日
営業時間:11:00~14:30、17:00~21:00(LO)
公式HP:http://www.sansui-mito.com/


梅まつりのおみやげにピッタリ!
「井熊總本家」の梅のお菓子

井熊總本家
「梅羊羹」1本540円~。美しい色みが、偕楽園の梅の花を思わせます

 梅まつりのおみやげには、「井熊總本家」で、梅のお菓子がおすすめ。蜜づけのしその葉で白あんと求肥を包んだ銘菓「水戸の梅」のほか羊羹などもあるので、お好みを購入してみて。

所在地:水戸市南町3-3-48
電話番号:029-221-2605
営業時間:10:00~18:00
公式HP:http://ikuma.jp/


【こちらの記事もオススメ!】

■ 太郎の漫湯記 Vol.3 水戸の梅まつり 日帰り温泉編


[スポンサードリンク]