太郎の漫湯記 Vol.44 神奈川県・湯河原温泉

サムネイル

秋も深まるこの時期に旅するのは、神奈川県・湯河原温泉。
これから山や木々を鮮やかに染める紅葉を楽しみながら散策したり、この時期ならではの旬の味覚も味わえます。
それでは湯河原の名湯と観光を楽しみに、今月も太郎と一緒に出かけましょう!

※イベントの開催時間や施設や店舗の営業時間など詳細は、公式ホームページで確認してからおでかけください

目次

これからがシーズン 紅葉スポットへ ※例年11月中旬頃から

奥湯河原温泉

奥湯河原温泉
道は藤木川沿いにあるので、心地よい川のせせらぎの音にも癒されます

 趣ある老舗旅館が並ぶ、文豪たちにも愛された温泉地。春は椿、冬は雪景色と、四季折々で変わる山の景色を楽しむことができます。これからは、徐々に木々が色づく紅葉の季節。点在する滝などに立ち寄りながら、散策するのにおすすめの場所です。

奥湯河原温泉
緑の木々が少しずつ赤く染まる様子を楽しめるのは、この時期ならでは
奥湯河原温泉
秋が深まると、道路脇も真っ赤に染まり、まるで絨毯のようになります
アクセス:JR湯河原駅より奥湯河原行きバス乗車、奥湯河原入口または終点奥湯河原バス停下車

池峯もみじの郷

池峯もみじの郷
さわやかな空気を吸いながら、赤や黄色に染まった木々の間を歩けます

 池峯橋から続くハイキングコース。イロハモミジが約540本も生息する「もみじの郷」など、歩きながら紅葉の風景を満喫することができます。コースの終点からさらにバス通りに向かって歩けば、日帰り温泉の「こごめの湯」などに立ち寄ることもできます。散策の後にひと休みしてみては。

池峯もみじの郷
真っ赤に染まったモミジの中に身を置けば、まるで別世界にいる気分に
アクセス:JR湯河原駅より奥湯河原行きバス乗車、奥湯河原入口バス停下車

パワーやミステリーを感じるスポット

謎めいた釈迦像を安置 福泉寺

福泉寺
名古屋城主徳川光友公が亡き母を弔うために瀬戸で造られた陶製の大仏

 別名「首大仏」と呼ばれる、釈迦如来像が安置されている寺です。その名の通り肩から上ながら約2.5mもありますが、胸から下のお姿の行方は不明とミステリアスな釈迦像です。

福泉寺
大仏は名古屋城から幾多の地を廻り、戦後になってここへ奉納されたそう
所在地:熱海市泉191
アクセス:JR湯河原駅より奥湯河原行きバス、または不動滝行きバス乗車、「泉入口」バス停下車徒歩約2分

迫力あるご神木から力を 五所神社

五所神社
枝を広げ天に向かうご神木。まるで木の鼓動が聞こえてくるようです

 長寿長命の神を祀る神社です。人々を圧倒させるのが、推定樹齢850年の楠。その大きさと迫力にパワーを感じるご神木です。境内にある巨木の銀杏も一見の価値あり。

五所神社
御朱印が2つもらえると人気。七福神の像が全てそろうのも珍しいそう
所在地:湯河原町宮下359-1
アクセス:JR湯河原駅より奥湯河原行きバス、または不動滝行きバス乗車、「五所神社」バス停下車
HP:https://goshojinjya.com/

頼朝伝説にふれるスポット

休息と占いをした?! 兜石・立石

兜石
脱いだ兜に似ている兜石。休みながら、頼朝は何を思ったのでしょうか

 JR湯河原駅から城山コースでたどり着ける、頼朝伝説の地。敗走中、兜を脱いで休息したという兜石と、自らの天下を占うため投げたと言われる立石が、すぐ近くにあります。

立石
投げた岩が山の中腹に立ったので、運が開け、鎌倉幕府も開いたとか
所在地:湯河原町鍛冶屋 城山ハイキングコース内
アクセス:JR湯河原駅より徒歩約60分
※城山コースは12月31日まで宮下林道が通行止めのため、城堀側ルートから行くことになります。
HP:https://www.yugawara.or.jp/sightseeing/753/

思いとどまらせた池 自鑑水

自鑑水
南郷山ハイキングコースにあり。歴史好きなら、ぜひ立ち寄ってみては

 源頼朝伝説の地。石橋山の合戦後に敗走し、たどり着いたこの池に映るやつれた自分の顔を見て、自害しようとしたものの、髪の乱れを直し、勇気を奮い起こした池だそうです。

自鑑水
ここで思いとどまっていなかったら、日本の歴史が少し違っていたかも?!
所在地:湯河原町吉浜 南郷山ハイキングコース内
アクセス:JR湯河原駅より鍛冶屋行きバス乗車、鍛冶屋下車徒歩約105分

こんな“おみやげみかん”もいかが?

湯河原みかんシュークリーム〈ちぼり湯河原 スイーツファクトリー〉

湯河原みかんシュークリーム
見た目もみかんの湯河原みかんシュークリーム。プリンなどもあります

 贈答用のクッキーなどで知られるメーカーの工場兼店舗です。1Fにあるショップでは、シュークリームをはじめ神奈川県産みかんを使ったさまざまなスイーツを販売しています。

ちぼり湯河原スイーツファクトリー
シュークリームなど1Fのカフェでも味わえます。2F工場は見学自由(平日のみ)!
所在地:湯河原町土肥1-15-4
問合せ:0465-63-0404
営業時間:10:00~17:00
定休日:12月31日、1月1日
※ほかにメンテナンス休業あり
アクセス:JR湯河原駅より約3分
HP:http://www.tivoli-factory.com/

みかん最中〈和菓子処 味楽庵〉

みかん最中
中もみかん形の最中。仲良く食べて欲しいと、2個入りになっています

 店先に人車があることで知られる和菓子店。餡作りから包装まで手作りで行っています。パッケージもかわいい「みかん最中」は、マーマレードがさわやかな、白あん入りです。

和菓子処 味楽庵
人車は、芥川龍之介の「トロッコ」のモデルになったものを復元したそう
所在地:湯河原町宮上230
問合せ:0465-62-5577
営業時間:8:30~18:00
定休日:1月1日
※和菓子作り体験・工場見学は火曜
アクセス:JR湯河原駅より奥湯河原行きバスまたは不動滝行きバス乗車、「宮上会館」バス停下車
HP:http://www.mirakuan.com/

湯河原温泉を満喫できる宿「湯河原温泉 青巒荘」

湯河原温泉 青巒荘

 奥湯河原の豊かな自然に抱かれた創業70年を誇る老舗旅館。文人墨客に愛されし昭和の懐かしさを遺す宿です。

 落差38mの白龍の滝を眼前に仰ぐ源泉100%掛け流しの「仙境野天風呂」が自慢! より良い滞在を愉しんでいただくため、お客様の旅行の形態や目的別にご用意しております。

湯河原温泉 青巒荘

 朝夕ともにお部屋出しのお食事プランなら、小さなお子様でも気兼ねなくお食事を楽しめます。

 おむつ関連グッズなど赤ちゃん連れにうれしい無料サービスが充実! 昔ながらの温泉旅館のひとときを、ゆっくりご満喫ください。

所在地:足柄下郡湯河原町宮上679
問合せ:0465-63-3111
料金:箱根・湯河原 和風会席プラン11,880円~(1泊2食付、税込)
日帰り
利用:
なし
HP:http://www.seiransou.co.jp/

湯河原温泉周辺地図

湯河原温泉周辺地図
クリックで拡大します

湯河原温泉への交通アクセス

車:東名厚木I.Cより小田原厚木道路・国道135号経由
電車:JR東海道本線湯河原駅下車
HP:今回の詳細情報はここでチェックを
◆湯河原観光協会
https://www.yugawara.or.jp/

いかがでしたか?

 美しい自然の風景を楽しみながら散策すれば、普段のストレスと運動不足も解消できるはず。この秋は首都圏から近い湯河原で、紅葉を楽しんでみてはいかがでしょうか。散策後は温泉で体をほぐすのも忘れずに。


[スポンサードリンク]