外観も楽しめる レトロで美しい銭湯カタログ 東京編

サムネイル

銭湯といえばもちろんお風呂ですが、伝統的で美しい外観を持つ銭湯も多くあります。
そこで今回はレトロで美しい銭湯をご紹介します。


お風呂だけじゃない外観・内装も楽しめるレトロな銭湯


銭湯は、平安時代末期頃に寺院での施浴が有料化されたのが始まりで、庶民の身近な存在となったのが江戸時代と言われています。
昔はお風呂に入ると言えば銭湯に行くのが一般的でしたが、昭和に入り、特に戦後以降になると家の中にお風呂を作るようになってきたため、銭湯を日常的に利用する人は少なくなりました。近年では休業や廃業する銭湯も増えて寂しい限りです。
最近では天然温泉や露天風呂があったり、また外観が近代的なビル型になった銭湯などもありますが、宮造りの外観や格天井、ペンキ絵やタイル絵などの背景画、趣ある庭などレトロな空間を楽しめる銭湯も残っています。
お風呂だけでなくプラスアルファの楽しみがある銭湯。この機会に訪れて、独特な空間を楽しんでみてはいかがしょうか。
※営業状況や、リニューアルなどで外観・内装が変わる場合がありますので、お出かけ前にご確認ください。



唐破風の銭湯


上が丸い山型で、左右になだらかに広がる裾を持つのが唐破風。鎌倉時代に生まれた日本特有の屋根です。

 東京都【天神湯】

天神湯
住宅街に突然現れる唐破風の屋根。ひと際目立っています

JR中野駅から程近い住宅街に位置する銭湯。伝統的な唐破風の屋根が目印です。
外観以外にも趣ある格天井や鯉のいる池など、銭湯ならではの風情を満喫出来ます。
お風呂は座風呂・気泡風呂・寝風呂の3種類。体の疲れをほぐしてくれます。

住所:中野区中野5-10-10
電話番号:03-3387-2657
営業時間:15:45~23:00
休肝日:月
料金:大人450円、中人180円、小人80円
交通アクセス:JR中野駅より徒歩5分
駐車場:なし
URL:http://www5a.biglobe.ne.jp/~furo/tenjin/



唐破風・千鳥破風 二段重ねの銭湯


唐破風の上に千鳥破風が造られた二段重ねとなっている屋根もあります。
特に東京の銭湯では定番だそうです。

 東京都【庚申湯】

庚申湯
力強さを感じる外観の庚申湯。外観が美しいのも特徴です

唐破風と千鳥破風を組合せたレトロな雰囲気の銭湯ですが、建物・施設も明るく清潔という事で人気があります。
お風呂には薬湯のほか銭湯で珍しい開放感ある石造りの露天風呂。またサウナもあるので、ゆっくりと過ごす事が出来ますね。

住所:西東京市芝久保町1-13-2
電話番号:042-465-0261
営業時間:15:00~23:00
休館日:月※祝日の場合は翌日
料金:大人450円、中人180円、80円
交通アクセス:西武新宿線田無駅より徒歩15分
駐車場:あり



煙突のある銭湯


最近は電気やガスが燃料という所も増えているので消えつつある煙突。かつては銭湯のシンボルでした。

 東京都【たつの湯】

たつの湯
都内の閑静な地にあるたつの湯。なかなか見れない煙突もあります

唐破風の屋根と千鳥破風の屋根が二段になった瓦屋根、その向こうには煙突も見える昔ながらの銭湯の姿を楽しめます。銭湯では珍しく広い駐車場があるのも特徴です。
背景画も楽しめるお風呂は、ジェットバスのほか薬湯などにも入れます。

住所:練馬区石神井台6-19-26
電話番号:03-3922-0753
営業時間:16:00~23:00
休館日:月
料金:大人450円、中人180円、小人80円
交通アクセス:西武池袋線 大泉学園駅より徒歩15分
駐車場:12台あり

 東京都【栄湯】

栄湯
都内でもかなり少なくなった煙突のある銭湯。屋根も見ごたえあります

入口付近は若干現代風ですが、唐破風に千鳥破風の屋根とさらに煙突もある、ザ・レトロといった銭湯です。お風呂は人気の薬湯やサウナがあります。
またコインランドリーも併設しています。駅より徒歩5分というアクセスの良好なのも嬉しいですね。

住所:世田谷区用賀4-31-3
電話番号:03-3700-8102
営業時間:16:00~23:30
休館日:月
料金:大人450円、中人180円、小人80円
交通アクセス:東急田園都市線用賀駅より徒歩5分
駐車場:なし



木とのコラボが美しい銭湯


レトロな建物を樹木や植木などが演出するという、美しいコラボレーションを楽しめる外観の銭湯もあります。

 東京都【旭湯】

千鳥破風の屋根、緑の木々や植木が入口を囲む建物は、昭和初期に建てられた趣あるものです。
お風呂は浅風呂と深風呂。浅風呂の方にはジェットバスがあり、男湯には立ちシャワーもあります。また浴室の背景画も見ごたえがあると評判です。

住所:江戸川区松島4-28-11
電話番号:03-3652-1759
営業時間:15:30~23:30
休館日:8・18・28日※日曜の場合は前日
料金:大人450円、中人180円、小人80円
交通アクセス:JR新小岩駅より徒歩7分
駐車場:なし


【こちらもオススメ!】
>外観も楽しめる レトロで美しい銭湯カタログ 神奈川編
>銭湯といえば背景画 富士の絵リンク


[スポンサードリンク]