神様のお力がよみがえる時 今こそ参拝したい出雲大社

サムネイル

年の初めの1月、今年は特別なお参りに出かけてみたい、そんな方は出雲大社へ参拝してはいかがでしょうか。
また同じ出雲には、日本三美人の湯である湯の川温泉もあります。
参拝することで心を、美人の湯に入ってお肌を磨けば、新たな気持ちで1年のスタートを切れそうですね。
この時期、湯の川温泉では旬の「かに」も味わえますよ。いざ、神の国・出雲へ。


縁を結ぶ神様をお祀りする
出雲大社


出雲大社松の参道出雲大社松の参道 / houroumono

松の参道。樹齢400年以上という松の並木に厳かな気持ちを覚えます

国づくりに力を注がれたという大国主大神をお祀りする出雲大社。縁結びの神様としても知られていますが、男女の縁だけではなく、仕事なども含め、みんなが幸せであるように広い意味で良縁を結ぶ神様だそうです。



御本殿修造後も続く
平成の大遷宮


60年ぶりに行われている「平成の大遷宮」。御本殿の修造は完了しましたが、摂社・末社の修造など平成28年まで続くそうです。遷宮によって神様のお力がよみがえるそうですので、ぜひこの時に参拝したいですね。

出雲大社 拝殿
平成の大遷宮で御仮殿として使用された拝殿。しめ縄の太さに驚きです



全国の神様をお迎え、お送りする
神在月に行われる大社祭


神迎神事
全国の神々をお迎えする「神迎神事」は、毎年稲佐の浜で執り行われます

旧暦の10月を神無月と呼ぶのは、全国の神様が出雲大社に集まり不在のためと言いますね。逆に出雲大社では「神在月」になります。この時期には神迎祭・神在祭など、そして神々が出雲を去る頃には神等去出祭が行われます。また境内の両側にある十九社は、集まった神々が宿泊する宿なのだそう。

出雲大社ホームページ
http://www.izumooyashiro.or.jp/



正しく参拝したい方におすすめ
ご参拝定時ガイド


正しい参拝をという方におすすめなのが「出雲大社ご参拝定時ガイド」。1日3回、出雲大社前駅近くの「神門通りおもてなしステーション」から出発しています。80分ほどで500円。先着15名まで、1名でも実施するそうです。
ちなみに出雲大社は「二礼四拍手一礼」ですのでご注意を。(12/24~1/3は休止)



グルメもおみやげも揃う門前町
神門通り


出雲大社の門前町である「神門通り」。出雲大社へ向かうこの通り沿いには、出雲の地元グルメやおみやげなどのお店が立ち並びます。お参りのあとにゆっくり楽しみたいですね。



出雲グルメを味わう


 八雲本店

 出雲大社近くにあるそば処です。出雲地方の郷土そばである「割子そば」が味わえます。三段や五段の割子そばは1 段ずつ違う味のものも。また参道近くには、八雲東店もあります。

住所:出雲市大社町杵築東276-1(宮内)
電話番号:0853-53-0187
営業時間:9:00~17:00
店休日:木曜日 ※変更の場合あり
HP:http://www.yakumo-net.jp/tenpo.html


 日本ぜんざい学会壱号店

 出雲が発祥の地といわれる「ぜんざい」を味わえる店。参拝後の冷えた体も温めてくれますね。こちらでは抹茶や珈琲などのほか、縁むすびぜんざいなど、メニューが豊富に揃っています。

日本ぜんざい学会壱号店
大粒の大納言を使用した出雲ぜんざい500縁(円)は、紅白の白玉入り

住所:出雲市大社町杵築南775-11
電話番号:0853-53-6031
営業時間:10:00~17:00
店休日:不定休
HP:http://www.zenzai-01.com/


【参考文献】日本の七十二候を楽しむー旧暦のある暮らしー(東邦出版)、おうち歳時記(朝日新聞出版)


【こちらの記事もオススメ!】

■ 美しい姫が見つけた美肌の湯 湯の川温泉


[スポンサードリンク]