寒い冬でも体の芯までぽっかぽか 漢方薬湯のある温浴施設【兵庫県・和歌山県編】

サムネイル

2月に入り、寒さの厳しい日が続いています。冷え性でなくても寒さに負けそうなこの季節、日頃の疲れと冷えはお風呂で解消するのが一番です。
そこで今回は、体を芯から温めてくれる、漢方薬湯のある施設を紹介します。
※期間限定のお風呂もありますので、施設に確認してからお出かけ下さい。


兵庫県【丹波市立薬草薬樹公園 丹波の湯】


丹波・山南地方で伝統的に栽培されてきた薬草や、漢方でも使用されている薬草・薬樹など約300種を植栽している丹波市立薬草薬樹公園。この中にあるのが「丹波の湯」です。

丹波市立薬草薬樹公園 丹波の湯
四季折々で表情を変える「薬草薬樹公園」。見慣れない植物もたくさん

ここでぜひ入りたいのが薬草風呂。公園内で栽培されている100種もの薬草・薬木から厳選した11種類を配合した湯が「丹波の湯」。もう一つは山南町で栽培した当帰のみを使用した「当帰湯」があります。どちらも健康促進におすすめの湯です。

丹波市立薬草薬樹公園 丹波の湯
リラックス効果のほか、体の代謝機能を高めてくれるという「丹波の湯」

丹波市立薬草薬樹公園 丹波の湯
保温・保湿効果のある「当帰湯」は、美容にも良いとされる薬湯です

薬草風呂以外のお風呂やサウナ、休憩室や休憩用露天スペースもあるので、ゆっくり休むことができます。

>施設詳細はこちらから



和歌山県【高田グリーンランド 雲取温泉】


世界遺産・熊野古道にほど近い、大自然に囲まれた温泉施設です。客室は和室と洋室がある保養館と、グループにもおすすめの12畳の和室の実習館があるほか、館内には80人程度収容可能な会議室もあるので合宿や研修旅行などの利用も可能です。

高田グリーンランド 雲取温泉
熊野本宮大社などからも近い、深緑に囲まれた中に佇む温泉施設

お風呂では天然のアルカリ性単純泉が楽しめます。少し青みがかった乳白色のなめらかな湯が、やさしく体を包み込んでくれます。
また内湯には「薬草風呂」もあります。強壮や神経痛などによいと言われる漢方薬「天台鳥薬」を使用したお湯が、さらに体をじんわりと温めてくれます。

高田グリーンランド 雲取温泉
古来より日本や中国・韓国でも使用されている「天台鳥薬」の薬草風呂

高田グリーンランド 雲取温泉
ゲルマニウムを含む雲取温泉の湯が楽しめる、岩組みされた「露天風呂」

>施設詳細はこちらから



【他県の情報はこちらから!】
>寒い冬でも体の芯までぽっかぽか 漢方薬湯のある温浴施設【静岡県・愛知県編】


[スポンサードリンク]