【湯を楽しむ】南紀白浜へ行こう!

サムネイル

今年も、もう7月です。暑い夏はすぐそこですね。夏に行きたいのは、やっぱり海! そこで今回は、海と温泉どちらも楽しめる、和歌山県の南紀白浜をご紹介します。


白浜温泉とは


白浜温泉
青い海の景色と温泉、どちらも堪能

 有馬・道後とともに日本三古湯の一つで、飛鳥・奈良時代から「牟婁の温湯」や「紀の温湯」という名で知られ、1350年余りの歴史があります。海の景観を楽しめる施設が多いので、さわやかな潮風を感じながら温泉に浸かることもできます。泉質は主に塩化物泉や炭酸水素塩泉。外湯や足湯など、宿泊しなくても楽しめる温泉が多数点在しているのも特徴です。



いろいろ楽しみたい 外湯


 白浜には6つの外湯があります。湯崎七湯の一つとして歴史があり、迫力ある波打ち際で温泉に入れる「崎の湯」や、円月島を眺めながら温泉を楽しめる「松乃湯」、白良浜海水浴場にある水着着用の温泉露天風呂「しらすな」など、それぞれ異なる趣きと、違う景色が楽しめるお風呂がそろっています。

崎の湯
海のそばで温泉に入れる「崎の湯」

時間があればいろいろな湯を巡るのもおすすめです。

牟婁の湯
2種類の源泉が楽しめる「牟婁の湯」



ちょっと休憩 足湯も多数


 散策途中にひと休みしながら温泉を楽しめる足湯もあります。景勝地の一つである三段壁をみながら足湯を楽しめる「三段壁足湯」、白良浜のそばの「つくもと足湯」、夜遅くまで楽しむことができる「白浜銀座足湯横丁」など、さまざまなスタイルの足湯が9ヶ所もあります。

三段壁足湯
ここからの夕日も絶景「三段壁足湯」

足湯横丁
飲み物なども注文可能な「足湯横丁」

シーンに合わせて利用してみたり、外湯同様、足湯めぐりをしてみるのもいいですね。

白浜観光協会HP:http://www.nanki-shirahama.com/
白浜銀座 足湯横丁:http://ashiyu-yokocho.com/



白浜温泉公園 草原の湯


 太平洋を望む高台にあります。一万坪もの広大な敷地の中に、絶景を楽しめるお風呂や森の中の露天風呂など、趣向を凝らしたお風呂が点在する温泉公園です。

白浜温泉公園 草原の湯 露天風呂
白浜随一といわれる絶景の露天風呂

白浜温泉公園 草原の湯
森の中で源泉を楽しめる「草原の湯」

泉質はナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉。食事処やホテルなども併設しているので、ゆっくり滞在したい方はぜひ利用してみては。

住所:白浜町2927-553
電話番号:0739-82-2615
営業時間:9:00-22:00 ※最終入園21:30
休館日:なし
料金:大人1000円、小学生800円、幼児500円
交通アクセス:JR白浜駅より明光バス「三段壁行き」もしくは「町内循環」乗車、「草原の湯」下車
http://onsenpark.com/


【こちらの記事もオススメ!】

■ 【海で遊ぶ】南紀白浜へ行こう!

■ 【観光スポット】南紀白浜へ行こう!

■ 【温泉宿&日帰り温泉】南紀白浜へ行こう!


[スポンサードリンク]