あったかご当地グルメが日帰りで楽しめる温泉【愛知・長野県編】

サムネイル

毎曰厳しい寒さが続いていますね。
こんな時は温泉に浸かり体を温めたくなるのはもちろんですが、あったかい食べ物で暖を取りたくなるものです。
そこで今回は、あったかグルメと、その土地ならではのグルメが日帰りで味わえる温泉施設をご紹介します。
※期間限定メニューもありますので事前に確認してからお出かけ下さい。


根強いブームのご当地グルメ


ここ数年ご当地ブルメブームが続いています。
ご当地グルメとはその名の通り、その土地ならではのB級グルメや特産品を使用したグルメなどのことを一般的に指します。
以前は百貨店の催事でしかなかったフードイベントも、最近では公園やホールなどでも行われるようになり、「うちこそ元祖!」というような合戦が勃発しているところもあります。
それだけ熱くなるのは、景気低迷が続く中で地域振興の手段として賭けているという背景がありますが、味わう側としては手軽に色々な地域のグルメが一度に楽しめるイベントは嬉しいことですね。

温浴施設でもご当地グルメを取り入れる施設が多くなってきました。
今回ご紹介しているメニュー以外にも、いつも利用している施設に隠れたご当地グルメがあるかもしれないので、入浴のついでにぜひ探してみてはいかがでしょうか。


【愛知県】「味噌煮込みうどん」独自の味噌が特徴


明治以前山梨のほうとうの様に鍋に具材を入れ煮込んだものだったそうですが、味噌を多く使用する名古屋独特の文化が融合して生まれたというご当地グルメ。お店ごとに味噌のブレンドが違うそうです。

味噌煮込みうどん

 ココで味わえる!「和合温泉 湯楽」

和合温泉 湯楽
水質を改善するという麦飯石を使用した広めでゆったりの麦飯石風呂

野天風呂スペースが約2,000㎡と東海最大級の広さを誇る日帰り施設です。
このゆったりとした空問にはなんと19種類の野天風呂が揃っています。
美肌の湯や麦飯石風呂、高濃度炭酸泉にヒマラヤ岩塩を加えた「ミネラル岩塩炭酸泉」などのほか、男
女それぞれ異なったお風呂もあります。
また漢方薬湯やジェットバスが楽しめる内湯、別料金ですが福祉風呂(予約制)などもあります。

さらに岩盤浴は250円で楽しめます(大人のみ)。
黄土が発する遠赤外線が体を芯から温める「黄土房」やクールダウンの為の「虹冷房」など4種類の部屋に加え、リクライニングチェアやマンガコーナーもある「くつろぎ処」を併設しているので、1日ゆっくり週ごせます。

またベビーフード持ち込み可などお子様向けサービスも充実です。

>施設詳細はこちらから


【長野県】「信州のそば」高い香りとのど越しを満喫


地域ごとに20種以上ある信州のそば。昔は団子や焼餅などで食べていたそばを江戸時代に「そば切り」という現在の麺スタイルにした発祥が長野県の野尻市と言われています。

信州そば

 ココで味わえる!「北八ヶ岳松原湖温泉 八峰の湯」

八峰の湯
周囲の山を眺めながらリラックスして温泉を堪能できる露天風呂

大白然に囲まれたなかで天然温泉を満喫できる施設です。
泉質は疲労回復などにもおすすめの炭酸水素塩泉。日頃の疲れを癒してくれます。
ガラス張リで開放感のある内湯のほか、緑に囲まれたなかで温泉に浸かれる露天風呂や遠赤サウナなども。
さらにプラス500円で利用できる岩盤浴も併設。
横になりリラックスした状態で新陳代謝を活発にし、気持ちよく発汗することができます。

館内には普段無料開放している個室もあり、滉上りの休憩もバッチリできます。
有料ですが賃切で宴会を行うこともできます。
お食事処は座敷の「おあがりなんし」と椅子・テーブル席の「お寄りなんし」の2ケ所があります。
地元小海産のそば粉を使用したそばメニューや8種の具が入った「八峰力レー」など、バラエティに富んだメニューが揃います。

>施設詳細はこちらから

【他県の「ご当地グルメ&日帰り温泉」もチェック!】
>岐阜・京都府
>和歌山・兵庫県


[スポンサードリンク]