あったかご当地グルメが日帰りで楽しめる温泉【群馬・栃木県編】

サムネイル

毎曰厳しい寒さが続いていますね。
こんな時は温泉に浸かり体を温めたくなるのはもちろんですが、あったかい食べ物で暖を取りたくなるものです。
そこで今回は、あったかグルメと、その土地ならではのグルメが日帰りで味わえる温泉施設をご紹介します。
※期間限定メニューもありますので事前に確認してからお出かけ下さい。


根強いブームのご当地グルメ


ここ数年ご当地ブルメブームが続いています。
ご当地グルメとはその名の通り、その土地ならではのB級グルメや特産品を使用したグルメなどのことを一般的に指します。
以前は百貨店の催事でしかなかったフードイベントも、最近では公園やホールなどでも行われるようになり、「うちこそ元祖!」というような合戦が勃発しているところもあります。
それだけ熱くなるのは、景気低迷が続く中で地域振興の手段として賭けているという背景がありますが、味わう側としては手軽に色々な地域のグルメが一度に楽しめるイベントは嬉しいことですね。

温浴施設でもご当地グルメを取り入れる施設が多くなってきました。
今回ご紹介しているメニュー以外にも、いつも利用している施設に隠れたご当地グルメがあるかもしれないので、入浴のついでにぜひ探してみてはいかがでしょうか。


【群馬県】「お切り込み」太めの麺が特徴


群馬県の郷土料理。昔から小麦の産地であった事からこの地の家庭では手打ちうどんが一般的な食事となっているようです。
太めの麺を野菜たっぷりの汁で煮込んだ温かくやさしい味わいです。

 ココで味わえる!「北橘温泉 ばんどうの湯」

ばんどうの湯
この上ない開放感と景観を楽しみながら温泉を満喫の「春風」露天風呂

榛名山や秩父連山、前橋・渋川の町、眼下に流れる利根川などのパノラマ眺望が楽しめる露天風呂が人気です。曰が落ちると広がる夜景は、さらにうっとりする美しさです。
この雄大な景観とともに堪能できるのは、豊かな湯量の「ばんどうの湯」。
ほのかに柑橘系の香りがする湯は、神経痛や筋肉痛をはじめ効能も豊塁な天然温泉です。
露天風呂や内風呂のある「彩雲」「春風」の二つの浴場は、週替わリで男女入替制です。
ほかに要予約・別料金ですが、介護者を含む3名まで利用できる源泉掛け流しの「貸切福祉風呂」もあります。

バリアフリーの館内には畳敷きの休憩所やマッサージチェアなどのある湯上りホール、テラスと施設も充実。定食からおつまみまでメニュー豊富な食堂もあります。

>施設詳細はこちらから


【栃木県】「とうがらし」ホットな名産物


大田原市は庚辛子の産地で、昭和30~40年頃は全国における生産量ナンバー1だったそうです。
この地で栽培される栃木改良三鷹は、色調が良く辛みが強いのが特徴です。

とうがらしラーメン

 ココで味わえる!「太陽の湯」

太陽の湯
さわやかな香りの殿方用檜風呂。屋根の無い岩風呂からは道天の星空も

ホテル龍城苑に併設された曰帰り施設で、地下1,050mより湧出する「大田原温泉太陽の湯」を露天風呂などで満喫できます。
殿方用露天風呂は檜と岩風呂、婦人用露天風呂は檜と石を配した露天風呂があります。
また殿方用内風呂にはジェットバスや大型サウナ、婦人用内風呂にはマッサージバスやソルトサウナと、男女それぞれのニーズに合ったお風呂やサウナが揃っています。
ほかに露天ジャグジーと源泉掛け流しの内風呂が付いた「貸切風呂」(別料金・予約制)もあります。
さらに体を芯から温めたい方は「岩盤浴」を。80分1,200円で利用出来ます。

館内には飲泉所やリラクゼーションスペースなどのほか、お酒も食事も楽しめる無料休憩所を兼ねた「おこのみ食堂」なども併設しているので、一日ゆっくりと週ごせます。

>施設詳細はこちらから

【他県の「ご当地グルメ&日帰り温泉」もチェック!】
>東京・神奈川県
>山梨県


[スポンサードリンク]