太郎の漫湯記 Vol.45 宮城県・秋保温泉

サムネイル

これまでの生活スタイルが大きく変化した今年。
いつも以上に疲労がたまっている、そんな人も多いのではないでしょうか。
そこで12月に太郎が旅するのは、自然やアートを楽しみながら静かに過ごせる秋保温泉。
今年最後のリフレッシュに出かけましょう!

※施設の営業状況などは、確認してからおでかけください。

目次

秋保の自然を満喫するスポットへ

秋保大滝

秋保大滝
冬は雪の間を滑り落ちるような様子に。足元に注意しながら訪れてみて

 日本の滝百選に選ばれ、栃木・華厳の滝、和歌山・那智の滝とならぶ日本三名瀑の一つでもあります。55m の落差を水がまっすぐ落ちる様子は迫力満点です。滝見台のほか、滝つぼまで下りられる遊歩道もあるので、さまざまな高さから見てみるのも◎。

秋保大滝
緑あふれる春に秋など、訪れる季節によってさまざまな姿を楽しめます
所在地:仙台市太白区秋保町馬場字大滝
アクセス:JR愛子駅2番乗り場より、市営バス秋保温泉・二口方面線乗車、「秋保大滝」下車
※土日は仙台駅よりバスあり
問合せ:秋保温泉郷観光案内所 
022-398-2323

磊々峡(らいらいきょう)

磊々峡(らいらいきょう)
欄干から「恋人の聖地」を見ることができる覗橋中心に、約1km続く渓谷

 名取川に浸食された巨岩などが生み出す、美しい景観が楽しめる峡谷です。奇岩が重なることから、石がゴロゴロしているさまを表す「磊」という字を使って、この名が付けられました。岩にハートのくぼみがある「恋人の聖地」や「時雨滝」など、歩きながらさまざまな見所を楽しめます。

磊々峡(らいらいきょう)
名取川に削り取られた痕跡を感じる景色など、その迫力に圧倒されます
所在地:仙台市太白区秋保町湯元
アクセス:JR仙台駅西口パスプール8番乗り場より宮城交通秋保温泉行バス乗車、「のぞき橋」下車
問合せ:秋保温泉郷観光案内所 
022-398-2323

天守閣自然公園 小屋館跡

天守閣自然公園
借景をうまく取り入れた庭園。立つ場所によって違う景色が楽しめます

 秋保石の石組みと錦鯉が群雄する池がある池泉回遊式庭園です。24 万㎡と広大な敷地の中には1.5 ㎞に及ぶ自然遊歩道があり、四季折々の草木や花など眺めながら、散策が楽しめます。また、自家源泉の足湯もあるので、ひと休みすることもできます。

天守閣自然公園
入口付近にある水琴窟。水によって奏でられる絶妙な音が鳴り響きます
所在地:仙台市太白区秋保町湯元字源兵衛原10
営業時間:10:00~16:30 ※季節により変動あり
休業日:12月~2月の第3金曜、12月31日、1月1日
見学料金:4月~11月 大人400円、子ども100円
※ライトアップ時期は+100円、12月~3月は半額
アクセス:JR仙台駅よりタケヤ交通仙台西部ライナー乗車、木の家前下車すぐ
HP:http://akiu-sizen.co.jp/

アートにふれるスポット

秋保工芸の里

秋保工芸の里
気に入った伝統工芸を入手して、旅の思い出の品とするのもおすすめ♪

 仙台箪笥やこけしや独楽など、時代を越えて受け継がれてきた伝統工芸の職人たちが集まる里です。9つある工房は、いずれも作業を見学できるのはもちろん、購入も可能です。

所在地:仙台市太白区秋保町湯元字上原54
営業時間:9:00~17:00
休業日:工房ごとに定休日が異なる
アクセス:JR仙台駅より宮城交通バス秋湯温泉行き乗車、秋保温泉湯元バス停より車で3分
HP:http://www.city.sendai.jp/kankokikaku/akiukoge/

木の家

木の家
生活雑貨などをそろえた「うつわ館」。おみやげに買って帰るのもいいかも

 益子や笠間の焼き物を中心にそろえた「うつわ館」、秋保の作家や工芸家の作品を展示販売するギャラリーのほかロッジも併設。緑あふれる中で、アートな時間をゆっくり過ごせます。

木の家
2階まで吹き抜けた木の空間で、食事など楽しみながら過ごせる珈琲館
木の家
工芸品やガラス細工など、バラエティに富んだ品々がそろう手しごと館
所在地:仙台市太白区秋保町湯元字馬乙2-1
営業時間:平日10:00~16:30、土日祝9:30~17:00 
※季節により変動あり
休業日:1月~2月の水曜・木曜。12月31日、1月1日
アクセス:JR仙台駅よりタケヤ交通仙台西部ライナー乗車、木の家前下車すぐ
問合せ:022-397-2714(受付10:30~16:00)
HP:http://akiu-kinoie.co.jp/

休憩もOK! まずは秋保観光の拠点へ

秋保・里センター

秋保・里センター
秋保地区の情報を一堂に会した案内所。困ったらここへ寄ってみて!

 磊々峡遊歩道近くにある施設です。秋保温泉郷の観光や宿泊情報を入手できる案内所があるので、どこに行こうか迷った時には、まずはここに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。工芸品や地図、秋保電鉄のジオラマなど、秋保温泉郷の魅力を感じることもできます。施設内には散策路のほか、足湯やカフェなどもあるので、ひと休みしたい時にもおすすめです。

秋保・里センター
秋保温泉の中心地に位置するので、観光途中に立ち寄るのも
秋保・里センター
足湯「寿右ェ門の湯」は利用料無料。ルールを守りながら温泉でひと休み
所在地:仙台市太白区秋保町湯元字寺田原40-7
営業時間:9:00~18:00
休業日:なし
アクセス:JR仙台駅西口パスプール8番乗り場より宮城交通秋保温泉行バス乗車、秋保・里センター下車
問合せ:022-304-9151
HP:https://akiusato.jp/

帰りにちょっと寄りみち グルメ&おみやげスポット

秋保ヴィレッジ

秋保ヴィレッジ
お茶を使った足湯「茶っぽりん」は、食事しながら浸かるのもOKです

 地元野菜やお土産などを集めた物産館「アグリエの森」を中心に、収穫体験ができる農園や、子どもたちが思いっきり遊べる公園、四季折々の花を楽しみながら散策できるガーデンなどを併設した施設です。また、季節の食材を活かした料理が楽しめるフードコートも併設しています。仙台南I.C と秋保温泉街の間にあるので、帰りにおみやげを買ってみては。

秋保ヴィレッジ
秋からは「鴨そば」など、フードコートでは体も温まるメニューが登場
秋保ヴィレッジ
旬の地元野菜が山積み! 農産物直売所では種類豊富な新鮮な野菜を販売
秋保ヴィレッジ
秋保銘菓千日餅は、販売だけでなく、生産工場を見学することもできます
秋保ヴィレッジ
200台と広大な駐車場もあるので、高速で帰る前に立ち寄るのも便利
所在地:仙台市太白区茂庭字中谷地南32-1
問合せ:022-302-6081
営業時間:9:00~18:00
※駐車場での宿泊利用など不可
休業日:1月1日 
※和菓子作り体験・工場見学は火曜
アクセス:JR仙台駅西口パスプール8番乗り場より宮城交通バス乗車、中谷地下車
HP:https://akiu-village.jp/

秋保温泉 効能レポート

奥州三名湯に数えられる秋保の湯

 1500年も前に開湯したという歴史ある秋保温泉。平安時代からこんこんと湧き続ける癒しの名湯として知られています。中でも、秋保温泉岩沼屋は約400年間続く老舗です。岩沼屋が自信を持つ温泉は保湿効果が期待されるナトリウム塩化物泉で別名「熱の湯」といわれ、夏場の職場で勃発するエアコンの主導権争いで悩まされる冷え性の方にはありがたい泉質です。また、含まれる塩類がお肌をコーティングするので乾燥肌にも効果があると言われています。戦国武将の伊達政宗も美肌効果を期待しつつ戦の傷を湯治して治癒していたのかもしれませんね。温泉では珍しく42度・40度・39度と3種の温度からお選びいただけるので、ご自分のペースで免疫力アップできる、ヒートショックプロテインを増加させる入浴法にもご活用いただけます。

(温浴振興協会理事/諸星敏博 談)

秋保温泉を満喫できる宿「仙台 秋保温泉 岩沼屋」

仙台 秋保温泉 岩沼屋

 クラシカルなロビーには洗練された家具が立ち並び、ゆったりとした落ち着い
た雰囲気がお出迎えいたします。

仙台 秋保温泉 岩沼屋
ラウンジにひろがる絵画のような眺めをご鑑賞いただけます
仙台 秋保温泉 岩沼屋
チーク材の板張りが特徴的なクラシカルな雰囲気。ゆったりとした空気が流れます

 自慢の温泉は、奥州三名湯ともいわれる豊富な湯量を誇る天然温泉源泉を42度・40度・39度と3種の温度でお好みに合わせてお楽しみいただけます。「湯の舞の湯」(男女入替制)では開放感ある大自然の景色が広がる中、落ち着きのある空間で温泉をご堪能ください。朝は日差しを感じながら、夜にはライトアップにより幻想的な光に包まれた露天風呂を眺めながら温かい湯に浸かれば、日頃の疲れを必ず癒していただけると思います。

 多様な客室からは四季折々の秋保の豊かな自然を一望できます。
 

仙台 秋保温泉 岩沼屋

 お食事は、豊かな土地で育まれた宮城県産の地元食材を活かし、海山の幸をふんだんに使った出来立ての上質な会席をご堪能いただけます。また、朝食にもふっくらとおいしく炊きあがった宮城県産ひとめぼれを使用した白米に合う、湯やっこ鍋や仙台味噌使用の味噌汁、笹かまぼこなど、仙台名物が並びます。お子様でも使いやすい食器をご用意し、ベビーフードもございますのでご家族でも安心してご利用ください。

仙台 秋保温泉 岩沼屋
館内は大正浪漫・昭和レトロを感じさせる素敵な家具や施設があるのでインスタ映え写真も

 奥州三名湯に数えられる秋保温泉で約400年の伝統とともに代々受け継がれているおもてなしに加え、新サービス「オールインクルーシブ」では、湯上りビールやお夜食、夕食時の飲み放題、サイフォンコーヒーなど無料でご堪能いただけます。

仙台 秋保温泉 岩沼屋
所在地:仙台市太白区秋保町湯元字薬師107
問合せ:0570-033268  ※電話受付時間9:00~19:00
料金:公式サイトにてご確認ください
https://iwanumaya.ooedoonsen.jp/plan/
日帰り
利用:
大人1000円 小学生500円
※日帰り昼食プラン(要予約)あり
HP:https://iwanumaya.ooedoonsen.jp/

秋保温泉周辺地図

秋保温泉周辺map
クリックで拡大します

秋保温泉への交通アクセス

車:東北道仙台南I.Cより国道286号、県道62号経由
電車:JR仙台駅西口パスプール8番乗り場より宮城交通秋保温泉行バス乗車
HP:今回の詳細情報はここでチェックを
◆せんだい旅日和
https://www.sentabi.jp/
◆秋保温泉旅館組合
http://www.akiuonsenkumiai.com/
◆秋保・里センター
https://akiusato.jp/

いかがでしたか?

冬の温泉街というのも趣あるもの。
ゆったり静かに過ごせるスポットも多いので、今年最後の旅行は秋保温泉へ出かけてみてはいかがでしょうか。


[スポンサードリンク]