観光と温泉でちょっと遠くへ「塩原温泉」太郎の漫湯記 Vol.53

サムネイル

目次

夏の塩原温泉 渓流沿いを散策

さわやか気分でのんびり散策♪ 温泉街の近くもスポット多数

塩原温泉の渓流沿い
緑あふれる塩原温泉の渓流沿い。さわやかな気分で、散策を楽しめます

 塩原温泉エリアのほぼ中央を流れる箒(ほうき)川周辺には、吊橋や滝などをはじめ、さまざまな立ち寄りスポットが点在しています。今回は、その中から、温泉街中心部から歩いて行けるスポットをいくつかご紹介。渓流沿い散策の参考にしてみては。

天皇の間記念公園

天皇の間記念公園
かつて利用された皇族の方々を思いながら、静かなひと時を過ごせます

 塩原御用邸を移築し、保存している公園です。明治天皇、大正天皇、昭和天皇をはじめ数々の皇族の方々が利用され、現在は栃木県指定有形文化財となった建物を公開しています。

野立岩

野立岩
橋を渡って行くことができる野立岩。上から、七ツ岩の奇岩群も見られます

 江戸時代に宇都宮藩主・蒲生秀行が、岩の上で野立(野宿)したことから、この名に。大人が100名余り立てるというほど、箒川渓谷の中でも存在感のある大きさの巨岩です。

仙人岩吊橋

仙人岩吊橋
長さ60mと、周囲の吊橋に比べて小さいですが、美しい景観は必見です

 豊かな緑に囲まれた、箒川の支流・鹿股川にかかる吊橋。景色を気に入り仙人が住み着いた伝説が残る「仙人岩」近くにあり、橋の下には、鉱物を含む青く美しい水が流れています。

妙雲寺

妙雲寺
妙雲寺は1593年に落雷によって焼失。その後1740年に再建されました

 本堂と内陣の宮殿が、那須塩原市指定有形文化財に指定。この名は1184年に釈迦如来を祀る草庵を結んだ平重盛の義妹・妙雲禅尼に由来し、花の寺とも呼ばれています。

七絃の滝

七絃の滝
造られた滝のように見えますが、自然の滝。紅葉の季節も美しい景観に

 ホテルニュー塩原の下から流れているように見える滝。いくつもの筋に分かれて水が流れ落ちる様子が、七絃の琴をたてかけたように見えると、この名前が付けられたそうです。

情報入手や休憩も! 塩原温泉ビジターセンター

塩原温泉ビジターセンター
屋内に塩原温泉湧出メカニズムの解説コーナーも。温泉好きは必見です

 塩原温泉郷など日光国立公園の自然情報を入手できます。自然散策のコーディネートや各種プログラムも実施。屋内や「森林浴ゾーン」などで、ゆっくり休憩することもできます。

所在地:栃木県那須塩原市塩原前山国有林
問合せ:0287-32-3050
営業時間:9:30~16:30
定休日:火曜日 ※祝日の場合は翌日、12月29日~1月3日
HP:http://www.siobara.or.jp/vc/

夏はここへもぜひ! 大沼公園

大沼公園
木道歩道は1.8kmほど。夏の自然を楽しみながら、大沼を一周できます

 新湯富士からほど近い湿原です。周辺の森林は「森林浴の森 日本100選」に選ばれた緑豊かな場所で、車椅子が通行できる木道歩道や、循環式トイレも完備。自然を満喫できます。

所在地:栃木県那須塩原市湯本塩原

ご当地グルメ「とて焼」って何?

とて焼
那須塩原産の牛乳と卵を使用。材料も地元にこだわるご当地グルメです

 塩原温泉発の「とて焼」は、温泉街付近の11軒で味わえるご当地グルメです。名前だけ聞くとどんなものか想像できませんが、見ると、一見クレープのよう。しかし、生地はカステラに近いもので、中の具も、スイーツ系から和風・中華風、驚きの寿司など食事系まで、お店によってさまざま。サイズも大小あるので、お腹の空き具合や気分で選べます。散策しながら、好みのものを味わってみては。

 ちなみに、「とて焼」という名前の由来は、昔は交通手段、現在は観光用の「トテ馬車」で使われていたクラクションの形を模しているからだそうです。

詳しくはココをチェック!
HP:http://www.siobara.or.jp/toteyaki.htm

大江戸温泉物語 塩原温泉 ホテルニュー塩原

大江戸温泉物語 塩原温泉 ホテルニュー塩原

 栃木県に5つの宿を展開する大江戸温泉物語。なかでも1200 年の歴史を持つ塩原温泉にある「ホテルニュー塩原」は温泉&グルメバイキングに加え「大衆演劇」も楽しめる、欲張り派にお薦めの宿です。

 総客室数271 室と大型の宿らしく温泉も大充実。「館内で湯めぐりが楽しめる」と謳うほど、多種多彩なお風呂をお楽しみいただけます。

 中でも箒川と勇壮な七絃の滝を望む「湯仙峡」は、内湯の他に半露天風呂を備えた広々とした空間。箒川の流れが耳に心地よく、また優しい肌触りの木の浴槽、野趣あふれる岩風呂と時間が経つのを忘れて湯あみをお楽しみいただくことができます。

大江戸温泉物語 塩原温泉 ホテルニュー塩原

 お風呂上りのお楽しみは、大江戸温泉物語自慢のグルメバイキングをお楽しみください。毎日オープン前から沢山のお客様がお待ちになる活気溢れるレストランです。もちろん味もお墨付き。ライブキッチンからご提供する焼きたてのステーキや栃木のご当地メニュー「宇都宮餃子」などの出来立てメニュー、新鮮なお造りなどの和食の他にも小さなお子様も楽しめる洋食メニューなど豊富なメニューでおもてなしいたします。

大江戸温泉物語 塩原温泉 ホテルニュー塩原

 お腹がいっぱいになったら、お待ちかね大衆演劇の時間。夜の部ではお芝居や歌謡ショーの華麗な世界をお楽しみください。笑って泣ける白熱のお芝居、煌びやかなステージに目を奪われる歌謡ショーなど、これを目当てにいらっしゃるお客様が多いのもホテルニュー塩原の特徴です(ご宿泊者様無料)。

 温泉にグルメバイキング、大衆演劇。加えて秋は渓流沿いを彩る紅葉も楽しめるホテルニュー塩原に足を運んでみませんか?

所在地:〒329-2921 栃木県那須塩原市塩原705番地
電話番号:0570-021126
料金:【1泊2食付きスタンダードプラン】8,778円~ 
*1室大人4様ご利用時(1名様分)
HP:https://newshiobara.ooedoonsen.jp/

塩原温泉 温泉効能レポート

温泉を味わえる湯郷、塩原はまさに源泉遺産!

 開湯1200年の歴史があり、温泉が豊富で夏目漱石、谷崎潤一郎、斉藤茂吉、尾崎紅葉などの文豪達にも愛され、全国からも湯治客が訪れます。

 人気の理由は塩原だから出来る、6種類の泉質選び(塩化物泉・炭酸水素塩泉・硫酸塩泉・硫黄泉・酸性泉・単純泉)、7色からの色選び(乳白色・茶褐色・黒色・黄金色・緑白色・薄墨色・透明)。貴方の好みとお肌にあった温泉に出会える場所です。

 なかでも塩化物泉は天然の保湿成分と言われるメタケイ酸が200mg以上と豊富に含まれた温泉です。メタケイ酸は温泉に含まれてる天然の保湿成分で、肌の新陳代謝を促進してツルツルの美肌にしてくれるといわれる美肌成分です。潤い肌用の化粧水や、しっとり系入浴剤などにも配合されており、肌のセラミドを整える作用が期待出来ると言われます。

 美肌に良く、塩の成分パックで保温・温熱効果が高い為、血行を促進し湯冷めしにくいので発汗を促しデトックス効果も期待できます。

 まさに女性必見!! 敏感なお肌の方にも非常に優しい、おすすめの美肌風呂です。

(温浴振興協会理事/諸星敏博 談)

塩原温泉周辺地図

塩原温泉周辺マップ
画像クリックで拡大します

塩原温泉への交通アクセス

車:西那須野塩原I.Cより国道400号経由
電車:東北新幹線那須塩原駅、もしくは会津鬼怒川線上三依塩原温泉口駅よりバス
HP:今回ご紹介した情報はここでチェック!
源泉遺産 塩原温泉郷▶▶▶http://www.siobara.or.jp/kankou.htm
那須塩原市観光局▶▶▶https://nasushiobara-kanko.jp/
ココシル▶▶▶https://home.nasushiobara.kokosil.net/ja/

いかがでしたか?

那須塩原は首都圏からも近いので、夏の自然を楽しみに、ぜひでかけてみてください。


[スポンサードリンク]